中性脂肪を下げたい人が摂取するDHAとEPAのちがいとは

脳や目の働きを良くするDHA

DHAは、脳や目の働きを良くするのに重要な栄養素です。摂取すると頭が良くなると耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?これは、DHAが脳を構成しているためです。DHAを摂取することで、記憶力の低下を防止してくれ学習能力を高めてくれます。日本の子どもの知能指数が高いことから、魚を良く食べていることが影響ではないかと注目され、現在でも様々な研究がされています。

勉強中の子どもや認知症予防にお年寄りの方にも、積極的に摂取したい栄養素のうちの1つです。また、網膜や視神経の情報伝達を円滑にしてくれるので、視力回復に効果があると言われています。DHAが含まれている食べ物は、マグロ・カツオ・あじ・サバなどの青魚です。

血液をサラサラにするEPA

EPAは、血液をサラサラにする効果があります。血液が固まりにくくなるので、血栓症予防にもなります。また、善玉(HDL)コレステロールを増加させ、悪玉(LDL)コレステロールを減らしてくれる働きが強いという特徴もあります。EPAの発見は1960年代にすでにされていて、現在では医薬品としても使われています。医薬品に使われているものは、非常に純度の高いものや特別に加工されているものです。

普段、食べ物から摂取するには、魚やくるみなどのナッツ類、エゴマ油や亜麻仁油などの一部の油に含まれています。動脈硬化やメタボリックシンドロームや糖尿病の改善に効果があると言われているので、こちらも積極的に摂取したい栄養素です。血液をサラサしたいのであれば、EPAを中心に摂取することも方法です。

魚に多く含まれるDHA・EPA

DHAは脳の構成に必要なので、子どもに摂取してほしい栄養素。EPAは全身の血液や血管の健康に必要なので、大人に摂取してほしい栄養素。DHAとEPAは別々の栄養素ですが、DHAが含まれている魚などにEPAも含まれているので、両方の栄養素を摂ることができます。また、2つの栄養素を一緒に摂取することで、お互いに不足している部分を補いながら、自然に近い形で摂り入れることができる上に、相乗効果が期待できます。せっかく摂取するのであれば、より効果的に摂取するためにも、2つの栄養素を一緒に摂り入れることをオススメします。